学校概要 About us

校長挨拶

ALA日本語学校 校長大日向 和知夫Ohinata Wachio

日本は、江戸時代末期に鎖国政策を撤廃して、物と情報の門戸を海外に開きました。そして経済大国へと成長することができました。
その後、金融の自由化により資金の門戸も開かれました。

物と情報に加え金融を自由化した21世紀の日本は、少子高齢化や人口減少の顕在化という要因も加わり、外国人の受入れにも大きく門戸を開こうと模索しています。

一方、グローバル化の波が世界各国に波及した現在、日本語を使用して、学び、働こうとする人々を多数生み出しています。本校は、これらの学習者に日本語という言語をコミュニケーションツールとして、楽しく、効果的に身につけていただきたいと考えております。

近い将来、日本を始め、世界各国は多文化共生社会へと変容し、新たな成長を目指すこととなるでしょう。今後とも、ALA日本語学校が日本語コミュニケーション教育を通じて、グローバル化する日本や世界の発展に貢献できるよう願っております。

沿革

1984年 英語圏学習者対象の日本語会話学校として創立
1987年 漢字圏学習者を対象とした進学予備コースの設置
1988年 法務省入管局より在留資格審査関係申請取次機関として認定
1990年 財)日本語教育振興協会より日本語教育機関として認定
2000年 厚生労働省より教育訓練講座の指定(日本語教師養成講座)
2002年 施設拡充により収容定員を222名(就学生)に増員
2005年 企業人対象のマナー教育を開始
2008年 厚生労働省より有料職業紹介事業許可を受ける(13-ユ-303210)
2009年 文部科学省の補助を受けビジネスコミュニケーション力測定テスト作成に着手
2010年 ビジネスコミュニケーション力測定テスト(TCCB)実施スタート
2010年 日本語ビジネスコミュニケーション研修(企業内研修)開始
入学案内はこちら