ALA 日本語教師養成講座とは

アカデミー・オブ・ランゲージ・アーツの養成講座は全国でも珍しい会話コミュニケーション教育のできる教師の育成を目的とした講座が充実しているのが特長です。例えば、ビジネスコミュニケーション教育関連の講座では会社でのコミュニケーションのために必須の日本の企業文化を踏まえた教え方などを学ぶことができます。

全430時間のカリキュラムは実技と実習が半分以上。日本語学校だけでなく、ビジネスシーンなど、どんな現場でも対応できるスキルの習得が目的です。

基礎理論や実践理論の知識は、教授経験の長い現場の教師が指導いたします。蓄積してきた経験に裏づけられた内容であり、受講生の今後の教室活動を支える、様々な日本語教育の現場で活かせる内容となっています。

また、併設の日本語学校で会話コミュニケーション教授法の教育実習ができるのもALAならではの特長です。

講座は月・水・金の 週3日

中1日を準備や復習の時間に充て、自分のペースで着実に階段を上っていけるスケジュールです。

実技講座は全体の半分以上

単に単語や文法を覚えるのではなく、学習した言葉を必要な場面で実際に使えるようにするための練習に重点を置く教授法を学びます。

グループ学習

グループディスカッションなどを通してコミュニケーションが必要な現場で、最適な教え方を模索し、自身で解決する力を養います。

講座べること

アカデミー・オブ・ランゲージ・アーツは、長年に亘り、多くの企業からのビジネス日本語研修を請け負っています。この実績と経験を生かし、講座には、日本語ビジネスコミュニケーション教授法関連の知識とスキルを学べる時間が設けられています。また、企業経験豊富なシルバー世代の方々には、ご自身の知識と経験を生かした教育方法を身に付けていただきます。

開講にあたって

日本語教育といえば日本の大学や専門学校に進学するために来日する留学生に日本語を教える仕事というイメージが先行していますが、日本で就職するため、日本で生活するために学習する方たちもたくさんいます。また既に日本企業で勤務している外国人社員のための日本語教育のニーズも激増しています。これらの学習者は、異口同音に学びたいのは、試験に合格する日本語ではなく、すぐ使える日本語だと言います。
アカデミー・オブ・ランゲージ・アーツは、実践で使える日本語、特に会話コミュニケーション能力の向上を目的として30余年に亘り、日本語教育を行って参りました。この間、日本語学習者に対する日本語教育だけでなく、会話コミュニケーション能力を上達させる教師を育成するために日本語教師養成講座も行って参りました。この度、内容を充実させ430時間日本語教師養成講座を開講することとなりましたのでお知らせいたします。
政府は、経済の活性化、グローバル化、少子高齢化等を理由に外国人人材の積極的な受け入れを展開しており、様々な分野で外国人人材が増加しています。彼らが日本に居住し、活動するためには日本語力が不可欠であり、これを担うのが日本語教師です。日本語教師は社会性のある非常に重要な仕事であり、将来性のある職業だと云えます。そればかりか、国際交流の最前線に立ち、異文化と直に接する興味深い仕事でもあります。志ある多くの方々が日本語教師として巣立っていた掛けることを願っております。

日本語教師養成講座の3つの特色

01.約9か月で学ぶ430単位時間のコース

ALAの430単位時間コースは週3回のペースでじっくりと学ぶことができます。短期間に多くの知識を詰め込むのではなく、受講内容を充分に理解し、吸収していただくために授業時間は週3回、午後に設定しています。このスケジュールであれば、受講生の方々の日常生活に合わせ、無理なく受講していただけます。また受講内容の復習や実習授業の準備の時聞を十分にとることができ効果的に学ぶことができます。

02.ALA独自の特色ある講座を提供

例えば以下のような講座があります。
  1. 関連会社であるアスク出版株式会社では多くの日本語教材を出版しています。現場の担当者が日本語教材出版と著作権についての講座を担当します。
  2. ALAでは多くの日本企業の人材育成研修を担当しています。このような特別な研修を担当できるように、「日本語ビジネスコミュニケーション研修」の講座を提供します。
  3. 日本での就職を目指す外国人留学生は増えつつあります。
    外国人留学生の就職に必要な日本語サポート以外に必須である「外国人の就職事情」、「日本語学校教師の果たす役割」などの日本語教師の仕事全般について学ぶ講座を提供します。

03.コース修了後のサポートの充実

当校の430時間コースを修了し、当校の採用試験に合格した方は、ALAの講師として採用いたします。採用後の1年間は有給で教壇に立ちながらチューターのアドバイスを受けられるようになっております。当校の講師がマンツーマンで指導しますので安心して授業を行うことができます。この制度によって、留学生のための日本語クラスだけでなく、企業研修等いろいろな現場で安心して日本語教師のキャリアをスタートさせることができます。
資料請求はこちら

ALAの養成講座を修了し、現在もALAで活躍する
現役講師からひとこと

  • 谷口久美先生
  • 谷口久美先生
養成講座では、「プロになったら経験の浅い素振りは見せずに自信を持ってやりなさい」とアドバイスされましたが、実際にそのとおりだな、と実感しました。この仕事は経験を積むほど色々な引き出しができるし定年もなく、世界が職場。理想は、どんなクラスでもすぐに溶け込んで、受講生たちの発話を自然に引き出すことができる教師です。
  • 狩野有香先生
  • 狩野有香先生
日本語教師の仕事は、教える相手が変われば教え方もアプローチも異なり、毎日がとても変化に富んでいます。養成講座のとき、授業の3,4倍の時間をかけて分析し、教材を準備する、と言われましたが、慣れてきた今はそこがクリエイティブで面白い。

受講について

週3回、ゆっくり、じっくり学べます。即、教壇に立てるよう、実技実習を重点的に学習。
ビジネスパーソン対象の教授法も学べます。
年間スケジュール

日本語教師養成コース
(430単位時間・週3回午後・9ヶ月)

開講時期
4月初旬
授業時間
月水金 14:00-17:15
定員
20名
入学金
10,000円
受講料
451,500円
(別途テキスト代3~3.5万円)
※料金はすべて税別です。

キャンペーン
受講料特別割引(先着5名)
※詳細をお電話でお問合せください。
個別相談会
随時(要予約)
受講料分納可